歯髄炎

歯髄炎とは歯髄に炎症を起こし痛みを伴う症状のことです。
歯髄は象牙質の更に奥にある神経であり血管が通っています。
症状は知覚過敏と似ています。
歯髄炎の方が痛みが激しく、強い痛みの場合は歯髄炎を疑うべきです。
また歯を叩いて痛む場合も歯髄炎の可能性があります。

歯髄炎の原因で一番多いのが虫歯による細菌感染です。
虫歯が酷く放置しておくと歯髄炎になる可能性があります。
細菌が歯髄に侵入し痛みを伴うようになります。
その他には歯が損傷した場合や虫歯の治療に使用する薬剤の刺激によるものがあります。

慢性的な歯髄炎は痛みがなく自覚症状の無い場合もあります。
歯髄炎の多くの場合は、痛みと飲み物や食べ物が染みるという症状があります。
歯医者ではレントゲン撮影で歯髄炎かどうか調べ、
電気歯髄診断機という装置で歯髄が生きているかどうか調べることが出来ます。

症状が軽い場合であれば薬で炎症を抑える方法と歯髄を抜く治療を行います。
歯髄除去では歯髄を抜いた後に除去部分を清掃し、詰め物をして治療完了です。
歯髄の治療は大がかりになるために。
歯髄除去治療は、症状が軽度の場合でも行われることがほとんどです。
歯髄炎になった場合は歯髄抜粋を行うものと考えた方がよいでしょう。