知覚過敏

知覚過敏とは冷たいものや酸っぱいものが歯に染みる現象です。
特に虫歯でも無いのに染みることがほとんどです。
虫歯は慢性的に痛むのに対して知覚過敏は一時的に刺激物が染みて痛みます。

原因は象牙質が露出することにあります。
露出した象牙質の象牙細管とよばれる部分に飲み物などが染みこみ
歯の内部の神経まで到達し痛みが発生します。
象牙質が露出する原因は虫歯によりエナメル質が溶けることもありますが、
その他に間違ったブラッシングでエナメル質を傷つけたり、
歯医者で歯石を除去したときに象牙質を露出させる場合、
歯ぎしりや悪いかみ合わせによるエナメル質を削る場合などがあります。

知覚過敏になった場合はすぐに歯医者に行くべきですが、
なかなか行く時間がない場合は、知覚過敏の歯磨き粉も有効です。
これは薬用成分が象牙質をコーティングし飲み物などが染みこむのを防ぎます。

歯医者では、歯が染みるのを抑える薬の塗布、被せ物を付ける方法があります。
それでも治らない場合は神経を抜くことになります。
歯ぎしりが酷い場合はマウスピースを使用します。
一時的に痛みを抑えるには鎮痛剤が有効ですが根本的な解決にはなりません。

知覚過敏を予防するには正しいブラッシングと歯磨き粉の使用です。
歯磨き粉は研磨剤が入っているので歯ブラシに大量に付けて強く磨くとエナメル質を痛めます。
また、定期的に歯医者で検診を受けるのも知覚過敏になっても早期発見が出来
事態を悪化させない為には効果的です。