歯根嚢胞

歯根嚢胞はしこんのうほうと読み、歯の根の部分に空間が出来て膿が症状です。
内部に膿が溜まるので時間と共に少しずつ患部が大きくなっていきます。
歯根嚢胞が出来るのは神経が死んでいる歯か神経を取った歯にのみ起こり、
神経が生きている歯には起こりません。
歯の内部の神経が入っていた部分に膿が溜まります。

慢性化していれば痛みが出るまで自覚症状も無いこともあります。
症状が出ると痛みがあります。痛みは歯が膿の部分を押すために痛みます。
膿が歯を押し上げるので歯が浮いた感じもします。
膿で歯ぐきが押されるので歯ぐきが腫れます。
脈打つリズムに合わせて痛むこともあります。

痛みが無くてもレントゲン撮影で空洞が発見され症状が見つかる場合もあり、
レントゲンには黒く写るので発見出来ます。
歯根嚢胞は比較的メジャーな症状です。
歯を綺麗にしても治りませんので歯医者で治療することになります。

治療は歯の内部を綺麗に掃除します。
膿を取ったり歯の内部の汚れている部分を綺麗にします。
清掃した後に消毒して詰め物をして治療は終了です。

治療の仕方によっては、歯が割れていたり歯根の形が複雑だといつまでも治らないことがあります。
症状が酷いと治療を行っても完治しない場合があり、この場合は抜歯することになります。