智歯周囲炎

智歯周囲炎は親知らずが細菌の感染によって炎症を起こすことです。
智歯とは親知らずのことを言います。

食べかすが歯の隙間に入ったり、親知らずまで歯ブラシが届かずよく磨かなかった場合に起こります。
特に、親知らずの生え方が悪かったり斜めに生えている場合になりやすいです。

症状は歯ぐきが腫れて痛みが出てくるところから始まります。
症状が進行すると歯ぐきから膿が出るようになり、口が開きにくくなります。
さらに症状が進行すると、口がほとんど開かずに顎の下や頬が腫れてきます。
この状態でも放置すると骨膜炎や皮下組織の炎症なども起こすので危険です。

腫れて痛みがある場合は早めに歯医者に行き治療を行うべきです。
検査を行う場合は歯ぐきの状態のチェック、X線による歯の生え方を見ます。
治療では歯ぐきの周りを綺麗に洗浄し炎症部分に抗生物質や鎮痛剤、消炎剤などを使用します。
症状は数日で軽くなります。
完全に回復した後に親知らずの抜歯を行う場合もあります。
これはその状態によって、今後も同じく智歯周囲炎を引き起こす可能性がある場合は抜歯します。

口が開かないまでに症状が進行している場合は、一度入院して治療を行うことになるでしょう。