歯周病

歯周病とは歯槽膿漏とも言われ、歯の周りの組織、
歯肉やセメント質、歯槽骨などに起こり、最初は炎症を起こし、
進行すると歯と歯茎の境目の歯周ポケットが出来、さらに進行すると歯も溶けていきます。

歯周病は痛みが無く自覚症状が無く、
日本では35歳以上の8割の人が歯周病だと言われています。
自覚症状が無いので気づいた時には手遅れになってしまっていると言うこともあります。
また、歯周病は喫煙すると進行を早めます。

初期症状では、歯を磨くときに出血したり、歯茎がむずむずしたりします。
この段階だと、こまめなブラッシングと口内を清潔に保つように心がければ治ります。

さらし進行すると歯がぐらぐらしてきたりしますが、この状態になると手遅れです。
この状態だと、歯の周りの組織が溶かされて無くなっているので回復させることは不可能です。
歯医者での治療は回復させるのではなく、これ以上進行させないようにすることになります。
状況によって抜歯するかどうか判断します。

歯周病の原因はプラークと呼ばれる細菌の塊です。
この細菌が毒素を出し、歯の組織に影響を与えます。

歯周病を予防するにはやはり口内を清潔に保つことが一番です。
歯の表側だけでなく裏側も綺麗に磨きましょう。
磨き残しもありますので、磨き残し部分を見えるようにする染め出し剤の使用も有効です。
洗口液を使用するのも良いでしょう。
時間があれば定期的に歯医者に検診に行って状態を確認するのも良いです。