虫歯

虫歯は歯の病気でももっとも有名であり、ほとんどの人が経験したことがあると思います。
虫歯の原因は口の中の細菌であり、この細菌が糖を分解してつくる酸が虫歯の原因です。

口の中は常に食事や歯磨きによって酸性やアルカリ性になっています。
この状態が、糖を含んだ飲食物を摂取すると口の中の細菌が酸を作り出し、
口の中が酸性になっていきます。そしてある値になると歯が溶け始めます。
普段は口の中は自然と中性に戻っていきますが、
糖を含んだ食べ物を食べると口の中は酸性になりやがて歯が溶け出します。

この酸性の状態が続くと歯が溶け続けやがて歯に穴が来ます。
穴が歯の中の神経まで達すると痛みを感じるようになります。

虫歯になった場合は早めに歯医者にいって治療するべきです。
残念ながら虫歯になってから綺麗に歯磨きしても歯は元に戻りません。

再石灰化というのがありますが、
これは唾液に含まれるカルシウムやリンが歯を修復することです。
しかし再石灰化は歯が少しだけ溶かされた場合に有効です。
この少しだけ溶かされた状態というのも、目で見て歯が溶けていると分かるレベルではなく、
唾液で濡れていない場合に分かる状態です。
歯が溶けていると分かるような場合の溶け具合では、再石灰化は出来ません。

虫歯は放置すると歯の状態が酷くなり最悪の場合は治療できずに、
歯を抜かないといけなくなります。
虫歯にならないためには普段からの歯磨きと予防が重要です。