虫歯

虫歯は歯の病気でももっとも有名であり、ほとんどの人が経験したことがあると思います。
虫歯の原因は口の中の細菌であり、この細菌が糖を分解してつくる酸が虫歯の原因です。

口の中は常に食事や歯磨きによって酸性やアルカリ性になっています。
この状態が、糖を含んだ飲食物を摂取すると口の中の細菌が酸を作り出し、
口の中が酸性になっていきます。そしてある値になると歯が溶け始めます。
普段は口の中は自然と中性に戻っていきますが、
糖を含んだ食べ物を食べると口の中は酸性になりやがて歯が溶け出します。 続きを読む »

歯周病

歯周病とは歯槽膿漏とも言われ、歯の周りの組織、
歯肉やセメント質、歯槽骨などに起こり、最初は炎症を起こし、
進行すると歯と歯茎の境目の歯周ポケットが出来、さらに進行すると歯も溶けていきます。

歯周病は痛みが無く自覚症状が無く、
日本では35歳以上の8割の人が歯周病だと言われています。
自覚症状が無いので気づいた時には手遅れになってしまっていると言うこともあります。
また、歯周病は喫煙すると進行を早めます。 続きを読む »

智歯周囲炎

智歯周囲炎は親知らずが細菌の感染によって炎症を起こすことです。
智歯とは親知らずのことを言います。

食べかすが歯の隙間に入ったり、親知らずまで歯ブラシが届かずよく磨かなかった場合に起こります。
特に、親知らずの生え方が悪かったり斜めに生えている場合になりやすいです。 続きを読む »