口腔癌

口腔癌は口の中に発生する悪性腫瘍のことです。
主に舌に出来る癌と歯肉に出来る癌があります。
原因は主に口腔内の不衛生と喫煙が原因と言われています。

初期症状として口腔内の痛みがあり、食べ物が染みるなどの症状もあります。
また違和感や痛みが強くなる、ろれつが回らないなどの症状も進行すると出てきます。
口腔内の粘膜が白い斑点状になる場合や赤い斑点になる場合もあります。

検査を行う場合は口腔内の視診でまずは疑わしいかどうか調べます。
その後、CTやMRIでの検査、X線検査などへ移行します。

治療を行う場合は放射線治療と手術がメインになります。
舌の癌の場合は放射線では組織を全部壊してしまいますので手術を行います。

それ以外の部分では、症状が軽度ならば放射線治療を行い、
症状が進行している場合は手術を行うことになります。

骨や口腔内や舌を切除した場合は再建手術も行います。
切除した部分を縫合したり、
肩胛骨や他の部分を一部切り取り切除した部分の代用とする場合、
人工骨や金属プレートで代用させたりする場合があります。
舌を大部分切除しても再建酢術で比較的良好に回復させることも出来ます。

治療後はリンパ節に転移することが多いです。
リンパ節に転移した場合は生存率が半減してしまいます。
それを防ぐために治療後は定期的に通院して診察を受けることが必要です。