顎関節症

顎関節症とはあごの周辺に異常がある状態のことです。
あごが痛い、あごが鳴る、口が開けづらいなどは顎関節症の症状です。
子供から大人まで発症するが特に20代30代の女性に多い症状です。

原因ははっきりとはわかっていませんが、
ほおづえをついたり、柔らかいものしか食べないなど生活習慣が関係している言われています。
原因は一つのみではなく複数の要因が関わっている場合が多いです。
症状は顎を動かしたときに痛む、食べ物を噛むと痛む、口を大きく開けられない、
あごを動かすと音がする、かみ合わせに違和感がある、口を完全に閉じること出来ない、
という症状があります。
その他に、耳鳴りや頭痛、肩の痛み、下の痛みも発生する場合があります。

検査する場合は、画像診断とあご運動診断で症状がわかります。
治療を行う場合は、原因の解消と痛みの解消を行います。
歯科、口腔外科、整体が顎関節症の検査や治療には向いています。

薬物治療やかみ合わせ調節のためにスプリントという矯正器具でのかみ合わせ矯正、
歯の洗浄や治療、関節腔内の洗浄、または外科的治療を行う場合もあります。
痛みを和らげるために鎮痛剤の使用や患部を冷やしたり温めたりする場合もあります。

また、顎関節症は生活習慣が関係しているのでセルフケアも重要であり、
歯をくいしばらないようにする、硬いものを食べない、口を大きく開けない、
マッサージを行う、良い姿勢を保つなども必要です。