口内炎

口内炎は口の中や舌の粘膜に起きる炎症のことです。
細菌感染によるものと、ウイルス感染によるもの、アフタ性口内炎にわけられます。
口内炎と言えばアフタ性口内炎を指す場合が多いです。
炎症を起こすので、局所的または全身の抵抗力が弱まったときに起きやすい。

原因は偏食や鉄分、ビタミン不足、ストレス、不眠、口の中の不衛生、粘膜を傷つけた場合があります。
ストレスや風邪が原因の場合が多く、休養をとれば自然に治ります。

口内炎になると、口の中の粘膜に直径5mmほどの白い斑点が出来、痛みがあり出血もします。
複数箇所に出来る場合は重度の場合があり、口臭も伴うことがあります。
また完治しても再発することもあります。

なかなか治らない場合や繰り返す場合は病院に行った方が良いでしょう。
自然治癒しますが、その他に軟膏を塗ったり、貼り薬を使う、ビタミン剤を使用するなども効果的です。
薬を使用する他に、レーザーで患部を焼いて治す方法もあります。
口内炎にはビタミンBが効果的です。サプリメントやうなぎや豚肉や鶏肉が良いです。

予防には歯磨きをしっかり行い口内を清潔に保ちましょう。
疲労やストレス、睡眠不足も良くありません、また緑黄色野菜をバランス良く摂取して免疫力をつけましょう。
タバコやアルコールは控えた方がいいでしょう。

口内炎が出来てしまった場合は生活環境を見直す良い機会かもしれません。